2017年7月15日

2017年07月15日
はてなブックマーク

こんばんは、ヘアウィザーズのスタイリスト小南です。

 

今日は、ヘアスタイルというか、ヘアカラーのお話。

 

 

グレイカラーは、『 暗い 』ってイメージが強いし、明るくすると、カバーしきれない。

 

確かにこれが前提ではあります。

しょうがないですね。何も色がない白髪に色を入れ込もうとすると、

必然的に色素の量が沢山必要です。

 

でも、あまり多いと「暗くなる」や、「色味を楽しめない」

ただのブラウンで【白髪をカバーする】事に終止してしまう。。。

 

 

『全然楽しめないよ!!』

 

 

という声を聞いたり、そう言われたと聞きます。

髪質や、白髪の多さにも寄りますが、

 

「色味」に関しては、割りと楽しめますよ!!

 

 

明るさは、確かに制限が出てきます。その人にとっての限界といいますか。。。

 

色味を工夫して、ヌケ感のある、スーッと透き通るようなカラーをすると、

低明度のカラーリングでも重さを感じにくくなるので、

暗い!っと感じにくくなります!

 

お仕事や、お子様の学校の関係などで、

あまり明るくできないって方にもおすすめです!

 

 

若い子でも、色素が薄い子は、コックリした深みを感じるアッシュ系にしたい場合などでも、

 

敢えて、

 

【ファッションカラーではなく、グレイカラーを使う!】

 

 

なんてことだって十分あります!

原色的なアッシュではなく、キレイなアッシュブラウンが、色素量が多い上に出るので、色持ち良く、しっかりと発色します。

 

これをグレイカラーの方に応用したら、

少しだけでも、グレイカラーへの抵抗感が無くなるのでは?と思い、

色々な施術を試みています。

 

その中でも、

 

・メッシュを入れて明るく見せるグレイカラー(根本は暗めでしっかり染める。)

 

・元々の髪質、髪色を活かして根本はしっかりグレイ(ブラウン味が強い)でも、毛先は色抜けを考慮して、ブラウンの入っていないカラーを塗布するなど、ブラウン味をコントロールしていく。 

 

・白髪がある分だけ、カラー剤の色素がもろに出るため、適度なブラウン感とアッシュ感をバランスを考えて、配合していく。

 

などなど、様々な方法があるので、ドンドンご相談ください!

 

意外に無理かなって思えるものもできたりしますし、

違ったアプローチができたり。

 

IMG_8917

 

これ、グレイカラーです!

 

メッシュに見える部分が、白髪の部分です!

こういった表現もあります。

 

この白髪の部分をできるだけ隠したいって、意見にも対応できます。

が、活かせるなら、活かしたいという意見が多いですが。

 

こういった透明感のあるスタイルも得意です!

 

*Web予約 『上大岡』『井土ヶ谷』 

 

*お店HP 『上大岡』 『井土ヶ谷』 

 

個人HP  だいたいブログはコチラに載せます! 

 

 

『上大岡店』  日・月・水 

『井土ヶ谷店』 木・金・土 

になっております。 ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。 

 

2017年07月15日
はてなブックマーク

IMG_6211

 

ブログを更新させていただきました

興味のある方も無い方も是非読んでみてください

色々な情報満載になっております

☆☆ブログはこちら☆☆ ☆☆ネット予約はこちら☆☆ ☆☆電話予約はこちら☆☆

LINEでお気軽になんでもご相談ください!↓

☆☆友達追加お願いします☆☆
BLOG TOP